アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピー検定より上位資格はあるのか

アロマテラピー検定を受験し合格した段階では、就職に役立つかと問われると難しいものがあります。


趣味として自分自身のためにアロマテラピーを楽しむのであれば、アロマテラピー検定だけで十分だと思われます。


しかしアロマテラピー検定で身に付けた基礎知識を活かした職業に就きたい場合は、上位資格を目指す必要があります。


アロマテラピーの上位資格は公的資格ではなく認定資格であるため、絶対に必要であるわけではありませんが、就職には有利であり、実際に仕事を始めた際にアロマテラピーを受ける人からすると安心して利用できるものではないでしょうか。


検定合格後に目指すことのできる資格は、3つ挙げられ、1つはアロマテラピーアドバイザーです。


アロマテラピーの知識を持ち一般の方に安全で正しいアドバイスするために必要とされる資格です。


検定1級合格後、日本アロマ環境協会の会員となり、アロマテラピーアドバイザー認定講習を受講して資格申請条件を満たし資格登録手続きをすることができます。


2つ目はアロマテラピーインストラクターです。


専門家として、一般の方に知識や利用方法を指導するために必要とされる資格となります。


アロマテラピーアドバイザーの資格取得後に、インストラクターの試験を受験します。


合格後、資格登録手続きをすると取得となります。


3つ目はアロマセラピストです。


アロマセラピストは一般の方に、トリートメントやマッサージを提供するために必要な資格です。


この資格は、3つの上位資格の中で最も難易度の高い検定試験となっています。


アロマテラピーアドバイザーの資格取得後に、学科試験とトリートメント実技試験とカルテ演習修了すると資格登録手続きとなり資格取得へとつながります。


インストラクターとセラピストは、決まった時間数の学科の必須履修がありますので、検定を受ける前に認定校などに通う必要があります。


いずれにしても、自分自身がアロマテラピーを通してどのようなサービスを提供していきたいかのビジョンをはっきりと持ち、学習していく必要があるでしょう。