アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

医療機関等で使われるメディカルアロマとは

日本ではアロマテラピーは医療として認められてはいませんが、メディカルアロマを医療行為ではなく代替医療としての分野での使用に限り重要な役割を果たしていると言えます。


もともと日本では、美容やリラクゼーションのために用いられることが多いのですが、近年は体の治療や心のケアを目的としたメディカルアロマを採用する医療機関が増えてきています。


アロマオイルがもつ香りは心身のリラックス効果があり、心療内科や精神科ではうつ病の症状緩和や不眠症などの改善、アトピーなどの皮膚疾患の改善なども、手段の一つとして治療に必要な投薬と共に利用しています。


婦人科では月経前緊張症や更年期障害のケア、不妊症の治療などに使用されています。


産婦人科では安産のための鎮痛効果や産後のケアに役立たせたりと大きく普及している傾向にあります。


また高齢者施設でもアロマテラピーを利用したマッサージなどが行われています。


認知症を患っている高齢者の方の心身のリフレッシュに活用され気分を安定させたり、体が自由に動かない方のしびれの緩和に役立っていると事例が挙がっています。


しかし、アロマテラピーは医学的に効果があるというデータが少なく、どの医療機関でも治療の一環として利用しているわけではありません。


医療行為に携わる医師や医療従事者である看護士、理学療法士などと連携していくことが患者様の心身のケアや健康の向上に大きく貢献できるのではないでしょうか。