アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

香りテストに向けての覚え方のコツ

アロマテラピー検定では香りテストが必須項目となっており、これから学習を始める方にとっては、香りテストは一体どのような問題なのか、検定試験ではどのような出題方式なのか疑問に思われることもあるでしょう。


香りテストは2級、1級ともに対象となる精油が決められていますので、その精油の香りを区別する能力が必要となってきます。


香りテスト問題対象の精油セットは、インターネットで検索してみると検定試験キットとして販売されているので、それらを利用して実際に香りをかぎ、鼻で覚えて効率よく学習することが一番だと思います。


香りにはパターンがあり、対象の精油をパターンごとに分けて覚えると理解しやすいでしょう。


大きく分けてレモンとベルガモットとグレープフルーツとオレンジスイートなどの柑橘系の香り。


フランキンセンスやユーカリやティートリーなどのウッド系の香り。


ゼラニウムとペパーミントとローズマリーとスイートマージョラムとレモングラスなどのハーブ系の香り。


ジュニパーベリーなどのスパイス系の香り。


イランイランやカモミールローマン、カモミールジャーマンやラベンダーなどのフラワー系の香りに分類して覚えていきます。