アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピー検定2級の試験内容

アロマテラピー検定2級は、アロマテラピーを自分自身で利用し、健康維持や体や気持ちをリラックスさせるために必要な知識が問われる検定試験です。


出題方式は全問題4択のマークシートによるもので、過去の傾向からすると出題数は香りテスト2問と文章題48問の計50問とされています。


試験内容は香りをかいで精油名を答える問題である香りテストや、アロマテラピーの利用法アロマテラピーを安全に利用するための注意、精油対象10種類のプロフィールや精油の基礎知識、アロマテラピーの歴史、アロマテラピーと環境などが挙げられます。


アロマテラピーの利用法では、芳香浴法や沐浴法や吸入法の3種類が対象となり、それぞれに適した使用方法や注意事項が試験内容に含まれます。


安全に利用するための注意としては精油を利用する対象の人に合わせた適正な精油量など、重要な注意事項が取り上げられています。


アロマテラピー検定2級の対象となる精油はイランイランとオレンジスイート、ジュニパーベリーとゼラニウムにティートリーがあげられます。

他にもペパーミントとユーカリ、ラベンダーとレモンとローズマリーがあり、全10種です。


精油のプロフィールでは、精油の名前や科目と抽出方法、精油の別名や精油にまつわるエピソードなど丸暗記しなければならない項目です。


精油の基礎知識では専門用語が多く出てきます。


精油が持つ効果や精油の製造法など、アロマテラピーを利用する上で知っておかなければならない内容です。


アロマテラピーの歴史では、アロマテラピーに関連する歴史上の人物や出来事が内容に含まれ、アロマテラピーと環境では地球環境とアロマ環境について問われます。

耳にしたことのある言葉や内容もあれば初めて耳にするものも多くあるでしょう。


テキストに沿って順番にきちんと学習を進めていけば、理解できるものです。