アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピー検定とは

アロマテラピーは20世紀始めにフランスで生まれ、大変古い歴史があります。


ミイラづくりに使ったという言い伝えもあるぐらいです。


木や花やくだものなどの芳香である精油を用いて、心や体のケア、健康維持や美容のために使用されているものです。


自分自身や家族、知人など周囲の人にアロマテラピーを気軽に楽しんでもらい、日々の生活の一つとして利用してもらいたいものですが、安全に利用してもらうためには知識が必要となってきます。


この知識を身に付けた上で、アロマテラピーを利用しているか問うものがアロマテラピー検定です。


アロマテラピー検定には2級と1級があり、受験資格としての年齢や経験の制限などはなく、誰でも自由に受験することができます。


検定日は毎年5月と11月に年間2回となり、全国各地で開催されています。


検定2級での問題の出題数は50問あります。


アロマテラピーを自分で楽しむ範囲で必要とされる健康維持のための知識や精油の使用上の注意、歴史などを学ぶ検定試験です。


香りテストの対象となる精油は10種となるので、確認が大切です。


検定1級の出題数は60問になります。


2級の試験内容に加え、自分で楽しむだけでなく、家族や友人など周囲の人と共に楽しむ範囲で必要とされる検定試験で、アロマテラピーに関する法律やメカニズム、健康学なども含まれる内容となっています。


香りテストの対象となる精油は17種あります。


しっかりと知識などを学び安心安全にアロマを利用し、快適な生活を送る手段の一つにしてほしいものです。

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定を合格後になれる職業

アロマテラピー検定合格だけでは、なかなか思うような職業に就くことができません。 検定合格をステップにし、就職に有利となる次なる試験に合格する必要があります。 それらをクリアした時点で、職業の幅は広がると言えるでしょう。 一つ...

独学で学ぶアロマテラピー検定に必要な教材

アロマテラピー検定は独学でもしっかりと勉強し合格された方は多数います。 検定には公式テキストがあります。 公式テキストは初心者の方でも読みやすく、難しい参考書のようにボリュームがあるものではありません。 テキストに加えて、市...

アロマテラピー検定の合格率は

アロマテラピー検定は、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い年齢層の方が受験されています。 1級も2級も合格基準正答率は80%で、およそ90%の合格率です。 受験者が10人いれば、その内の9人が合格しているというわけです。 ...

検定の申込み方法

アロマテラピー検定の申込み方法は、インターネットや郵便振替による申込みが可能です。 インターネットを利用した申込みの流れは、まず日本アロマ環境協会のホームページのインターネット申込みのページから進めていきます。 受験申込に関す...

アロマテラピー検定2級の試験内容

アロマテラピー検定2級は、アロマテラピーを自分自身で利用し、健康維持や体や気持ちをリラックスさせるために必要な知識が問われる検定試験です。 出題方式は全問題4択のマークシートによるもので、過去の傾向からすると出題数は香りテスト2...

アロマテラピー検定1級の試験内容

アロマテラピー検定1級は、アロマテラピーを自分自身ばかりでなく、家族や友人など周囲の方々のために、安心安全に提供するために必要な知識を習得するための検定試験です。 出題方式はマークシートによるもので出題数は60問、制限時間は70...

香りテストに向けての覚え方のコツ

アロマテラピー検定では香りテストが必須項目となっており、これから学習を始める方にとっては、香りテストは一体どのような問題なのか、検定試験ではどのような出題方式なのか疑問に思われることもあるでしょう。 香りテストは2級、1級ともに...

医療機関等で使われるメディカルアロマとは

日本ではアロマテラピーは医療として認められてはいませんが、メディカルアロマを医療行為ではなく代替医療としての分野での使用に限り重要な役割を果たしていると言えます。 もともと日本では、美容やリラクゼーションのために用いられることが...

アロマテラピー検定より上位資格はあるのか

アロマテラピー検定を受験し合格した段階では、就職に役立つかと問われると難しいものがあります。 趣味として自分自身のためにアロマテラピーを楽しむのであれば、アロマテラピー検定だけで十分だと思われます。 しかしアロマテラピー検定で...