アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマオイルを作る時の組み合わせ相性

アロマオイルを作る時に様々な香りをブレンドしていくことで、さらに効果を高めたり、複雑な匂いを楽しむことができます。


このブレンドをする時に、組み合わせる精油にはコツがあるのですが、最もシンプルなものとしては、同系統の精油を組み合わせることです。


アロマオイルの種類としては、フローラル系や柑橘系、ハーブ系に樹木系、その他にもスパイス系や樹脂系、エキゾチック系と7つの系統があります。


例えば、フローラル系のローズとラベンダーは非常に相性が良いと言えるでしょう。


基本的に上であげた系統には相性の良い系統があり、フローラル系と相性の良いものとしては、柑橘系とエキゾチック系となります。


また、7つの系統を円状に考えて、隣り合うもの同士は相性が良く、バランスのとれた香りを作りやすいです。


仮に柑橘系であるレモングラスに、フローラル系のローズ、ハーブ系のローズマリーなどを組みあせると非常に相性が良いでしょう。


いくつかの精油を買いそろえるのなら、系統別に購入するか、同系統のものを購入することをお勧めします。


特に女性ならフローラル系の甘い香りや、柑橘系のさわやかな香りが好みであるという人が多いので、この2つの香りをブレンドすることから始めてみるのが良いですね。


男性なら樹木系やスパイス系をブレンドしたものがお勧めです。


精油をブレンドするにしても、基本的には自分の好きな匂いを作っていくようにして下さい。


ただ、いきなり精油同士を容器に入れてまぜてしまうのではなく、試香紙などを利用して香りを試しながらブレンドしていくと、精油をムダにすることがありません。