アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマオイルの使い方による効能の違い

アロマオイルには、様々な効果があります。


その効果の幅は広く、一般的に知られている効果の精神的な作用をするだけではありません。


アロマオイルを使う時には、精油を使うのが一般的ですが、1つの精油を使うだけではなく、複数のオイルを混ぜ合わせることによって、様々な効能を発揮してくれます。


例えば、最も大きなものとして上でもあげた精神的なものに作用する効果があります。


アロマオイルに含まれる成分は、脳の中にある感情や本能を司る部分を刺激することで、心と体に働きかけるのです。


不安な気持ちが強い時や、ストレスを感じている時、悩みが深い時などに用いられるものとしては、カモミールやオレンジ、イランイラン、ジャスミンなどの香りが効果を発揮してくれます。


これらの香りをブレンドしてオリジナルのアロマオイルを作るとさらに効果が高まるでしょう。


手に入りやすい一般的なものとしては、オレンジやラベンダーです。


カモミールなどは好き嫌いが別れる匂いで、花の香りが好きな人にはイランイランやネロリ、ローズなどのオイルがお勧めになります。


特にネロリは精神安定効果が高いです。


女性特有の悩みにもアロマは効果を発揮してくれます。


月経不順であれば、アンゼリカやキャロットシード、シナモンなどの精油がお勧めです。


精神的な効果も持たせたい時には、アンゼリカやオレンジといったように複数のものをブレンドしていくと良いでしょう。


香りの兼ね合いもあるので、一概にどの組み合わせが良いとは言えませんが、自分にあった香りを作っていくことが大事なことです。