アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマキャンドルの色付け方法

アロマキャンドルを自宅で作るにしても、基本的にはパラフィンや蜜蝋などを使うのが一般的です。


この時に、そのままの色ではなくオリジナルカラーにしたいと言う人も多いですよね。


そんな時には、クレヨンを使って簡単に色をつけることができます。


小さなお子さんがいらっしゃるのなら、家庭に市販されているクレヨンが幾つかあるはずです。


家にあるクレヨンを少しだけ削って砕いて利用すると、簡単にアロマキャンドルに色づけをすることができます。


しかし、溶かしたろうに入れた時と、冷えて固まった時では若干色が濃くなってしまいますし、入れすぎてしまうと燃焼に影響が出てしまうので注意が必要です。


気になる人は、アロマ専門店などで販売されているキャンドル専用のクレヨンを利用すると良いでしょう。


使い方は基本的にいずれの場合も同じで、ろうを湯煎で溶かした後に、砕いたものを入れて、かき混ぜるだけです。


やはりキャンドル専用のクレヨンの方が色の出方もきれいですので、お勧めできます。


キャンドル本体に色をつけるだけではなく、外側に絵や文字をつけてみたいという人には、キャンドル専用の液体ろうがあります。


マジックペンのような形をしたもので、専門店や大型の雑貨店などで購入できるもので、キャンドルの外側に絵や文字を簡単に入れることができるのでお勧めです。


シンプルなものでも液体ろうを使えばデコレーションできますので、お子さんの誕生日やプレゼントなどに利用すると良いでしょう。