アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマキャンドルを作る際に使用する材料

キャンドルの炎には癒しの効果があると言われており、最近では電気の代わりにアロマキャンドルを灯すという人も多いそうです。


アロマキャンドルの場合は、火をつけることでアロマの香りがすることから、ダブルの効果が癒し効果があり、お手軽なこともあって人気が高まっています。


雑貨店などに行くと、安価な価格で販売されていますので、女性なら1度は購入したことがあるかもしれません。


しかし、必ずしも自分にあった香りばかりではありませんので、自分の気に入った香りのアロマキャンドルを探すのは大変です。


実はアロマキャンドルは自宅でも簡単に作ることができるので挑戦してみると良いでしょう。


そこで、アロマキャンドルを作る時に必要となる代表的な材料を考えると、先ずはアロマオイルが必須です。


アロマの精油は様々なものがあるので、幾つかの香りを試してみると良いでしょう。


また、上級者になってくるとアロマオイルをブレンドして、自分好みの香りを作ることができます。


アロマオイル以外の材料ですが、キャンドルの本体になる蝋が必要となってきます。


一般的にはパラフィンやミツロウなどを使うのですが、市販されている蝋燭などを削って使用しても問題ありません。


火を灯した時にススを出したくないならミツロウを使うと良いでしょう。


他に必要となるものは、パラフィンやミツロウを溶かしたものを入れる容器となるもの、パラフィンなどを溶かすための小鍋、たこ糸、クリップかボタン、割り箸や鉛筆くらいでしょうか。


基本的にアロマキャンドルを作るだけなら、100円ショップなどでも材料を揃えることができます。