アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

アロマテラピーで心の美容と健康を

アロマテラピーで心の美容と健康をリフレッシュして、幸せな生活を!

虫よけアロマキャンドルを作るには

アロマには様々な効果を持っているものがあります。


不眠を軽減して安眠する効果のあるもの、ストレス解消効果のあるものなどは有名ですが、夏場に重宝するのが虫よけ効果のあるものです。


特にバーベキューや花火大会など野外で過ごす機会が多い時に利用したいアロマキャンドルですね。


もちろん、家で使っても効果があることから、夏場になると手作りをしている人も少なくありません。


虫よけ効果のあるアロマとして知られているのがシトロネラです。


虫が嫌う成分として知られており、虫よけ対策のアイテムなどにも使われています。


柑橘系の香りですので、蚊取り線香などよりも使いやすいと言って良いでしょう。


シトロネラを利用したアロマキャンドルの作り方としては、まずはシトロネラのアロマオイルを用意して下さい。


キャンドルに火をつけた時に、ススを出したくないのなら蜜蝋を使うと良いでしょう。


一般的にはパラフィンや市販されている蝋燭を削って作ります。


蜜蝋やパラフィンを小鍋などに入れて、温めて溶かしていきますが、直火ではなく湯煎で溶かして下さい。


そして蜜蝋が液状になったところで、たこ糸を浸して染みこませて芯を作ります。


適当なところでたこ糸を引き上げて、乾かします。


その後、クリップやボタンなどに乾いたたこ糸をひっかけて芯を作り、反対の端を割り箸に挟んで紙コップの口に渡して、中央部分に垂れ下がるようにして下さい。


次に溶かした蜜蝋を紙コップに注ぎ、用意しておいたアロマオイルを20程度まぜて、あとは固めるだけです。


固まったら、余ったたこ糸をカットし、紙コップを外して完成です。